クレジットカード現金化・ショッピング枠現金化業者の口コミ・比較・評判・評価の決定版‼

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

メリット

新たに金融機関やクレジットカード会社に申し込みをして審査をしてお金を借り入れるのではなく、既にクレジットカード会社で審査済みのクレジットカードのショッピング枠を利用するので、収入証明提出、在籍確認等の特別な審査もなく簡単に現金を手に入れることができます。

キャッシング等の借入とは違いますので、個人信用情報に借り入れの履歴も残りません。ショッピングをした履歴のみ残ります。

来店して業者と顔を合わせることなく、インターネット上で申し込みから振込まで完了できる業者が多いので、消費者金融(サラ金)等の金融機関に来店して申し込みすることに抵抗がある方には最適です。

支払い方法も分割払いやリボルビング払いにして、無理なく計画的に返済することが可能です。ショッピングの分割払い、リボルビング払いの利息は年利10%前後ですので、キャッシングや消費者金融(サラ金)の利息20%前後よりもお得です。

もちろんクレジットカード会社から、ポイントも発行されます。

キャッシング枠を使い切ってしまった方、融資を受けるのが難しい方等、一時的な資金繰りで使う方にとっては、非常に有効な手段です。

デメリット

クレジットカードの現金化は、現金化業者からお金を借りたわけではないですが、通常のショッピングと同じようにクレジットカード会社に支払わなくてはなりません。

例えば、10万円の商品を購入し、8万円のキャッシュバックを受けたとします。その2ヵ月後にクレジットカードの支払日 には、10万円を支払わなくてはなりません。つまり、10万円の商品の購入で8万円のキャッシュバックを受けるということは、2万円のマイナスが生じているということです。キャッシングや消費者金融(サラ金)の借り入れよりも多くの手数料が発生いたしますので、無計画に利用すると返済が困難になり多重債務に陥る危険性があります。

また、換金目的でのクレジットカードの利用はカード会員規約に反することから、万が一、クレジットカードの現金化がクレジットカード会社に発覚した場合、会員資格の剥奪や即時弁済を迫られる等の可能性がございます。

「換金目的のカード利用」は、自己破産手続における免責不許可事由に該当します。そのため、クレジットカードの現金化を利用していることが発覚している場合、自己破産申立をしても免責許可決定が得られない危険性があります。

ただし、クレジットカードを利用した際、何を買ったか、それが自分で使うための正規の利用なのか、換金目的の不正な利用なのかをクレジットカード会社がチェックすることは不可能です。発覚する場合は、ご本人様が申告してしまうケースがほとんどです。よって、あまりに極端なケースの除けば、実際にクレジットカード会社に発覚するケースはほとんどないと思われます。

結論

さまざまな理由で借り入れができない方が、一時的にクレジットカードの現金化を利用することは非常に有効な手段ですが、通常のキャッシングや消費者金融(サラ金)等より多くの手数料がかかることや、間違ったクレジットカードの現金化方法を利用すると、クレジットカード会社に発覚して思わぬ不利益を被る可能性があるため、メリット、デメリットやクレジットカード現金化の仕組みを十分理解した上で、計画的にご利用する必要があると思われます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional